ARMA3 フィールドマニュアル: Terms and Symbols 用語と記号

Coop 中に飛び交う略字や単語、(戦術) 記号、表記についてまとめました。

目次

記号

陣営


陣営
BLUFOR・OPFOR・中立・不明

枠の形で勢力を、枠の中にある印で兵科を、枠の上にある印で規模を示します。

BLUFOR は青色、OPFOR は赤色、中立は紫色、不明は黄色になります。
 BLUFORにはアメリカ軍などの西側諸国とその同盟国が、OPFORにはそれと対立するロシア軍などが当てはまります。

統制と戦術

AbF – Attack by Fire Position 攻撃位置

ひし形の記号は含みません。敵の部隊に接近することなく、ここから直接・間接火力を用いて攻撃を行うという位置です。AbF の先には Engagement Area が指定されるときがあります。

AO – Area of Operation 作戦地域

戦術コンセプトや基本的な移動計画をまとめた、すべての作戦で使える範囲です。陸軍・海軍の統合部隊司令官によって決定されます。AO の中には METT-TC を基に大隊や中隊の AO が設置されます。

大きさは活動する部隊の管轄、地理的要因、部隊規模などで区切られており、最も小さい小隊規模の AO であっても 1km 以上のようです。また AO は境界線ともなりえます。

ASLT – Assault Position 突撃発起位置

攻撃対象の OBJ と LD の間にある位置です。OBJ に達する前に、隠蔽と遮蔽が取れた準備ができる最後の地点であり、OBJ までの最短経路でもあります。

ATK – Attack Point 攻撃位置

LDを超える前にある、攻撃部隊が存在する最後の位置です。

AXIS – Axis of advance 部隊の進行方向

主攻 (地上)

助攻 (地上)
主攻 (地上) 助攻 (地上)

部隊の進行方向を示します。

BP – Battle position 防衛位置

敵の進行先に設置される、防衛のための位置です。大隊の BP やその中にセクション毎の BP が地形を基に設定されます。点線は代替位置になります。

CP – Checkpoint 所定位置

地上での移動の管理や火力調整用の登録目標、地形情報として使われる所定位置です。標定場所として使いやすく、統制線の捕捉としても可能です。

DZ – Drop Zone 降下地域

空挺部隊の降下地域、装備や支援物資の投下位置です。

EA – Engagement Area 交戦地域

全ての火器と支援を使って最も効果的に敵勢力を撃破する範囲です。

FEBA – Forward Edge of the Battle Area 主戦闘地域の前縁

地上戦闘部隊が配置されている地域の末端部分です。展開部隊、誘導火力支援、維持部隊、機動部隊は含まれません。


自軍の前縁

敵軍の前縁
自軍の前縁 敵軍の前縁
LC – Line of Contact 接触線

友軍と敵が交戦している場所を示す、おおまかな線です。我の点線では予定に。

LD – Line of Departure 行動開始線

地上部隊が攻撃の際に所定の時間で通過する統制線のひとつです。LD は機動や射撃の管理を容易にもできます。LD と LC を兼ねて LD/LC とすることもあります。

LOA – Limit of Advance 前進限界線

前身中の攻撃部隊を管理するために使われる統制線の一つです。攻撃部隊は不要な進行や友軍誤射を防ぐためにもこの統制線を超えてはいけません。おもに目立つ地形へ設置されますが、OBJ から LOA の間へ十分な空間を確保する必要があります。

LZ – Landing Zone 降着地域
NAI – Named Area of Interest 興味のある地域

特定の情報を収集するために設置される、地理的範囲のことです。通常は敵の行動を捉えるために選択されますが、戦場や環境条件による場合もありえます。また NAI は敵の活動が認められると、TAI へ再指定できその場合は武力行使が認められます。

OBJ – Objective 目標

OBJ は目標の識別として使えます。通常は最終目標として設定しますが、必要があれば中間目標も設置します。また OBJ の中に OBJ も指定できます。

OP – Observation Point 観測地点
PL – Phase Line 統制線

軍事作戦で指揮と管理のために設置され、通常は軍事作戦の範囲を簡単に示すことに使われます。指揮官が部隊の機動を管理するため、特別な理由がない限り意図せず通過してはいけません。指揮官は可能ならば道路や川といった分かりやすい地形に設置します。 また統制線は行動開始線や想定行動開始線といった、ある想定のために設置されている場合もあります。

PZ – Pickup Zone 回収地域
RP – Rally Point

部隊が再集結時などで、簡単に認識できる地形のところです。また Objective Rally point は攻撃部隊の終結と OBJ までの攻撃準備地点として、簡単に判別できる場所へ設置されますが、その時は敵に動きを察知されないよう OBJ から十分に離れた距離を取る必要があります。

SbF – Support by Fire 援護地点

指揮官が命令する直接攻撃や間接攻撃をする戦術目標で、敵を張り付けたり、制圧射撃、破壊をします。AbF との違いは、SbF は友軍の機動を支えるためにあり、矢印の先は目標を向いています。

TAI – Target Area of Interest 攻撃する地域

高価値目標が存在し友軍によって交戦があった地理的範囲のことです。EA は全ての火器を使いますが、TAI は配下にある単一の兵器で攻撃します。

TRP – Target Reference Point 所定位置

地形から簡単に判別できる地点です。射撃の開始や配分、管理につかわれるほか、指揮官による火力分配の中央点にもなります。交戦地域の区分にも。また標準的な目標地点で、数字により火力支援士官が調整でき、直接射撃の目標にもなりえます。

WP – Waypoint 経由点

用語

  • 2IC – Second In Command 副官
  • AAA – Anti-Air Artillery 対空砲
  • AAV – Amphibious Assault Vehicle 水陸強襲車両
  • AbF – Attack by Fire 攻撃位置
  • ACOG – Advanced Combat Optical Gunsight 高度戦闘光学照準器
  • AO – Area of Operation 作戦地域
  • APC – Armored Personnel Carrier 装甲兵員輸送車
  • APFSDS – Armour-piercing fin-stabilized discarding sabot 装弾筒付翼安定徹甲弾
  • AR – Automatic Rifleman 自動小銃手
  • ASLT – Assault Position 突撃発起位置
  • AT – Anti Tank 対戦車。ランチャー、役職を指すことも
  • ATGM – Anti Tank Guided Missile 対戦車誘導ミサイル
  • ATK – Attack Point 攻撃位置
  • BAF – British Armored Forces イギリス陸軍
  • BLUFOR – Blue Force 友軍
  • BMP – Boyevaya Mashina Pekhoty ロシア軍の歩兵戦闘車両
  • BP – Battle position 防衛位置
  • BTR – Bronetransporter ロシア軍の装甲兵員輸送車両
  • C2 – Command and Control 指揮統制
  • CAP – Combat Air Patrol 戦闘空中哨戒
  • CAS – Close Air Support 近接航空支援
  • CAT – Combat Application Tourniquet 止血帯
  • CP – Checkpoint 移動の管理や火力調整用の登録目標、地形情報として
  • CQB – Close Quarters Battle 近接戦闘
  • CZERO – 全てに対応する万能
  • DAGR – Defense Advanced GPS Receiver microDAGR を含む手持ちの GPS 器機のこと
  • DZ – Drop Zone 空挺部隊の降下地域、装備や支援物資の投下位置
  • EA – Engagement Area 交戦地域
  • EOD – Explosive Ordinance Disposal 爆発物処理
  • EVAC – Evacuation Point 離脱地点
  • FAC – Forward Air Controller 前線航空管制官
  • FCS – Fire Control System 射撃管制装置
  • FDC – Fire Direction Center 射撃指揮所
  • FEBA – Forward Edge of the Battle Area 主戦闘地域の前縁
  • FO – Forward Observer 前線観測員
  • FOB – Forward Operating Base 前線基地
  • Frag – Fragmentation (Granade) 破片手榴弾
  • FTL – Fire Team Leader 班長
  • GL – Grenade Launcher てき弾発射機
  • GRID – 座標
  • HAHO – High-Altitude High-Open 高高度降下高高度開傘。海抜高度 10km で降下し、対地高度 1.8km 以上でパラシュートを展開。彼の対空脅威や低視認性のため使われる。これは彼の防空圏外から降下し、防空圏内の DZ や OBJ Area へ侵入可能
  • HALO – High-Altitude Low-Open 高高度降下低高度開傘。海抜高度 10km で降下し、対地高度 1.8km 以下でパラシュートを展開、数キロ先の DZ へ侵入する方法
  • HE – High Explosive りゅう弾
  • HEAT – High explosive anti-tank 成形炸薬弾、対戦車榴弾
  • HMG – Heavy Machingegun 重火器
  • HMMWV – High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle 高機動多用途装輪車両
  • HQ – Head Quarters 司令部
  • IED – Improvised Explosive Device 即席爆発装置
  • IFV – Infantry Fighting Vehicle 歩兵戦闘車
  • IP – Insertion Point, Initial Point 侵入地点, 経由地点
  • JTAC – Joint terminal attack controller 統合末端攻撃統制官
  • KIA – Killed in Action 戦死
  • KT – Key Terrain 緊要地形。戦闘において顕著な有利をもたらす、すべての場所や範囲
  • LAW – Light Anti-Tank (Anti-Armor) Weapon 軽対戦車火器
  • LC – Line of Contact 接触線
  • LD – Line of Departure 行動開始線
  • LHD – Landing Helicopter Dock 強襲揚陸艦
  • LOA – Limit of Advance 前進限界線
  • LZ – Landing Zone 航空機が着陸する降着地域
  • MANPADS – Man-Portable Air-Defense Systems 携帯式地対空ミサイル
  • MBT – Main Battle Tank 主力戦車
  • METT-TC – mission, enemy, terrain and weather, troops and support available, time available, civil considerations 任務、敵勢力、地形、味方勢力、時間、民間人の状況をまとめた資料。
  • MG – Macchine Gunner 機関銃手
  • MIA – Missing in Action 作戦中行方不明者
  • MPAT – Multi-Purpose Anti-tank 多目的対戦車弾
  • MRAP – Mine Resistant Ambush Protected 耐地雷待ち伏せ防護車両
  • NAI – Named Area of Interest 興味のある地域
  • NVG – Night Vision Google 暗視装置付きゴーグル
  • OBJ – Objective 目標
  • OP – Observation Point 観測地点
  • OPFOR – Opposing Force 仮想敵軍
  • OPORD – Operation Order 作戦命令
  • PL – Phase Line,Platoon Leader 統制線,小隊長
  • PZ – Pickup Zone 回収地域
  • RATELO/RTO – Radio Telephone Operator 無線通信手
  • RoE – Rule of Engagement 交戦規定
  • RP – Rally Point 部隊が再集結時に簡単に識別できる場所
  • RTB – Return to Base 帰投
  • RPG – Ruchnoy Protivotankoviy Granatomyot 携帯対戦車擲弾発射器
  • SbF – Support by Fire 援護地点
  • SL – Squad Leader 分隊長
  • SMAW – Shoulder-Launched Multipurpose Assault Weapon 肩撃ち式多目的強襲兵器
  • TAI – Target Area of Interest 攻撃する地域
  • TOW – Tube-launched Optically tracked Wire-guided 有線対戦車誘導ミサイル
  • TRP – Target Reference Point 標定位置
  • UAV – Unmanned Aerial Vehicle 無人航空機
  • Vector – Vector 21B というレンジファインダーのこと
  • WP – Waypoint 経由地点
  • WSO – Weapon System Officer / Operator 兵装システム士官

参考:

  • ADRP 1-02 Terms and Military Symbols, Headquarters, Department of the Army
  • FM 3-90-1 Offense and Defense

>> ARMA3 フィールドマニュアル

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*