ARMA3 フィールドマニュアル: Platoon Sergeant 小隊付き軍曹

20171012013103_1

小隊付き軍曹は小隊の中でもっとも経験豊富な下士官であり、小隊長の次に責任がある副隊長です。小隊付き軍曹は小隊長が行なう戦術的機動や装備の展開位置、セキュリティの確保を補佐します。

小隊付き軍曹は公式には小隊長としての役割は行いませんが、伝統的に次のことが求められます。

  • 小隊が任務に向けて準備が出来ていることを保証する
  • 必要とあれば小隊長として指揮を取る
  • 必要とあれば隊を率い、割り当てられた命令の実行や管理をする。例えば支援射撃を行なうために、隊を分割した場合は、小隊付き軍曹が指揮を撮ります。これにより小隊長が現場いに居なくても、へ無線を介し直接的に連携が取れるためです。大隊がといった高レベルでの指揮下では、小隊付き軍曹は戦場の最適な目となり、地域での作戦を支援します。
    • 車両や火器分隊が小隊へ増強されている場合、無線を通じて直接的に誘導や支援要請を行います。
    • 航空支援がある場合、大隊の前線観測員と連携をとり航空支援の要請や目標の標定、認識の一致を行います。より厳密な調整が必要な場合、大隊の前線観測員は一時的に小隊の位置へ移動するか、終末誘導を小隊付き軍曹へ委譲します。その時点で、小隊付き軍曹は航空機へ直接的に通信します。
    • 砲での支援がある場合、中隊の前線観測員と連携し、航空支援と同じように行い、砲撃支援や中止の要求を行います。
    • 支援物資が受け取れる場合は大隊指揮本部と連携し、ニーズを伝えいつ、どこで行われるかを決定します。
    • ヘリコプターでの侵入と脱出がある場合、作戦地域内に着陸地点を選定します。必要に応じて航空に誘導を行います。また歩兵の搭乗管理を補助します。
  • 小隊が再編制されたあと、弾薬と消耗品が適切に配分されるようにする
  • 作戦に向けて部隊の戦闘負荷を管理する
  • 部隊の負傷者収集地点を確立する。小隊付き衛生兵の移動を指示し、状況報告の疎かにさせず負傷者の搬送などする
  • 任務を理解し中隊と大隊長の意図を把握する

>> ARMA3 フィールドマニュアル

タグ:
ARMA3 フィールドマニュアル: Platoon Sergeant 小隊付き軍曹” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "ARMA3 フィールドマニュアル: Platoon Sergeant 小隊付き軍曹"
  1. […] Platoon Sargent 小隊付き軍曹 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*