Arma3 フィールドマニュアル: Radio Telephone Operator 無線通信手

RTOは戦闘部隊と行動をともにし上級部隊や隷下部隊との通信を確立する役職です。ポータブルや車載式のUHFとVHF無線機を使い、円滑なコミュニケーションを実現させます。無線手は作戦中、次のことを行います。

役割

  • 常に交信をする。上級部隊との通信が途絶えた場合、すぐさま隊長か隊付き軍曹へ報告し、再交信を試みる
  • 近接航空支援、間接射撃の要請、後送支援を報告し、加えてアンテナに習熟する
  • 小隊の兵士全員が、無線手の周波数とコールサイン、場所を知っている
  • 情報管理で隊長を補佐する
  • 隊が利用するデジタル機器について隊長と隊付き軍曹を補佐する
  • 作戦に必要な装備を管理する

RTO は常に指揮官と共に行動し、指揮官からの指示を簡潔にまとめて部隊に伝達します。人が言ったことを抜けや間違いなく伝えるのは意外と難しいものです。さらに相手側からの通信を指揮官に伝える必要もあり、聞くのと喋るのを同時にこなさなければなりません。

あくまで伝達要員であり、自分の判断で指揮する権限はありません。しかしながら作戦の概要や指揮官の考えを正しく理解していないとスムーズな伝達は難しいでしょう。

主な装備

歩兵の装備と変わりませんが、大きく異なる点はマンパック型通信機を所持しています。これは通常の無線機より高出力で、航空機や遠隔地の部隊とも通信可能です。作戦を滞りなく進めるためにも、無線機の操作を習熟している必要があります。また同時に複数の周波数を聞き分け、正確に文言を伝える必要があります。

無線機

radio_prc343radio_prc148radio_prc152radio_prc119radio_prc117f

電波帯域 チャンネル数 強度
AN/PRC-343 UHF 8 50mW
AN/PRC-148 VHF VHF 8 100mW – 5000mW
AN/PRC-152 VHF 8 250mW – 5000mW
AN/PRC-119 VHF 8 400mW, 2200mW, 4000mW
AN/PRC-117F VHF 8 1000mW – 20000mW

PRC-343以外のVHF無線機は全て相互に受信できます。PRC-343だけ他と互換性がなく、短距離の部隊内通信機として使われます。だいたい500m程度の距離まで交信可能です。

長距離無線機は通信手の他に小隊長や分隊長、斥候や車輌の乗員などが使います。いずれも (遮蔽がなければ) 5km以上先まで交信できるので、どれを選んでも実質的に違いはありません。

タグ:
Arma3 フィールドマニュアル: Radio Telephone Operator 無線通信手” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "Arma3 フィールドマニュアル: Radio Telephone Operator 無線通信手"
  1. […] Radio Telephone Operator 無線通信手 […]