ARMA3 フィールドマニュアル: Squad Leader 分隊長

Squad Leader (分隊長) とは?

squadleader2

Squad (分隊) は2~3個のFireteamで構成され、Squad Leader (SL) がこれを指揮統率します。Squad Leader、分隊長は部下が行なう行動全てに責任を持ちます。流動的な近接戦闘下においては、上級部隊からの命令なしに独立して行動できます。

小隊長が作戦の方針を決めるとすれば、それを現場で実行するのが分隊長です。自分の裁量で分隊を動かすことができますが、素早い状況判断とコミュニケーションが要求されるため、最も経験が必要なクラスでもあります。Coopの成功は分隊長の活躍にかかっていると言っても過言ではありません。

主な装備

Assault Rifle

SLの武装は最小限で構いません。戦闘はFTLに任せて指揮と通信に専念しましょう。

AN/PRC-152
BLUFORの個人携帯用無線機です。SLは分隊内と他の部隊向けに2つのチャンネルを同時に使います。

Maptools
マップツールは他の人のマーカーをコピーしたり地図に線を書く時に必要です。

MicroDAGR
マップビュー付きの便利なGPSです。Homeキーで画面に表示、さらに押すと拡大して表示を切り替えることができます。非表示にするにはAlt + Homeキー。

Squad Leader の役割

情報を共有しよう

適時に正確な状況報告を行なう。情報伝達はとても重要です。小隊長は後方にいることが多いので、分隊長からの報告がないと前線の様子が分かりません。常に味方と情報を共有することを心がけましょう。

  • 規模、活動、場所、時間、装備
  • 自分隊の位置、進捗状況、KIA 数、弾薬数、装備の状態

また小隊全体としての動きを理解し、必要とあれば小隊長として行動します。

ゲームの流れ

  1. 無線交信チェック。Additional Channelを設定して分隊内と小隊指揮チャンネルの両方を使います。
  2. 配下のFTLに対して装備の指示や車輌の割り当てを行います。
  3. 小隊のブリーフィングに参加し、その後分隊員を集めて作戦を説明します。
  4. 移動中は定期的に状況をPLに報告します。また他隊の状況を把握して足並みを揃えます。隊形や速度を細かく指示していきましょう。
  5. 接敵したら状況に応じて攻撃・迂回・後退などを指示します。他隊と連携し、必要なら支援を要請しましょう。必ずしも事前の作戦通りに動くことが良いとは限りませんが、変更したい場合は小隊長の許可を取ってください。

Weapons Squad Leader 武器分隊長

武器分隊長は通常、小隊付き軍曹の次に熟練した分隊長で、小銃分隊としての任務を遂行できます。武器分隊長は次のことを行なう必要があります。

  • 射撃を管理する
  • 小隊長へ汎用機関銃の展開場所を提案する
  • 汎用機関銃を使った援護射撃ができるよう、小隊長と調節して計画を立てる
  • 弾薬の消費を監視する
  • Javelin-CCMS を使った防衛時や攻撃時の監視位置が最適となるよう、小隊長と調節する
  • 必要に応じて小隊付き軍曹としての役割をこなす
  • 小隊と中隊としての任務を理解する

>> ARMA3 フィールドマニュアル

trico
紹介

お問い合わせはメール、Twitter、TS3でレッツコンタクト!

タグ:
ARMA3 フィールドマニュアル: Squad Leader 分隊長” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "ARMA3 フィールドマニュアル: Squad Leader 分隊長"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*